うー速
ホーム   »  CM
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

オススメサイト最新記事一覧


お勧めヘッドライン




社会 話題 テレビ CM ニュース


1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2012/03/19(月) 10:57:15.54 ID:???


ソースは
http://japan.cnet.com/news/commentary/35015249/

[1/2]
テレビを視聴していて、CMに入ったとたん音量が大きく感じられたり、
逆に映画などを見ていると妙に台詞が聞き取りづらかったりしたことはないだろうか。
こうした問題を解消すべく、10月から「テレビ放送における音声レベル運用規準」
(民放連技術規準T032)が導入される。
新規準の核となるのが、新たな指標「ラウドネス」だ。
これまでのレベル監視装置(であるVUメータ)だけでは図ることのできない
「人の感じる音の大きさ」を数値化したもので、この値を平均化することで
音量のばらつきを抑制することができるようになる。

■地デジ移行で新基準導入へ
この問題については、かねてより視聴者から多くの意見が寄せられてきたというが、
このタイミングで動きだしたのは地上デジタル放送への完全移行の影響が大きい。
デジタル放送ではその送出の仕組み上、アナログ放送時代に用いていた音声レベルを
制限する機器を挿入しないのが一般的であるため、番組ごとの音量のばらつきが
そのまま放送に反映されることがわかっていたためだ。

そこで日本民間放送連盟(民放連)が先導する形でNHKとも協議を重ね、
ARIB(電波産業会)で国内統一基準となる技術資料を策定、民放連もこれに沿って
T032を制定した。番組ごとや放送局ごとに音量感が変わらないようにするための
2つの規準が策定されたわけだ。
新規準策定に携わったフジテレビジョン技術局制作技術センター制作技術部
エグゼクティブエンジニアの松永英一氏は
「リモコン片手にテレビをご覧いただいていては、番組内容に集中できないということも
起こりうる。新規準導入により、音量に驚いたり聴こえづらかったりする状況は
なくなるはず」と期待をこめる。

-続きます-




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
最新コメント
<>+-
最新記事
記事検索フォーム
タグクラウド

はてな人気記事
逆アクセスランキング
オススメ記事

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ