うー速
ホーム   »  医療
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

オススメサイト最新記事一覧


お勧めヘッドライン





ニュース 医療 女性 SEX




1 :名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/06/18(月) 02:13:17.94 ID:Ka60k3eG0● BE:324064431-2BP(2000)


<子宮と腟の一部もしくは全部が欠損して生まれる先天性の疾患、ロキタンスキー症候群。たくさん泣いた少女はついにヘルシーなセク●スライフを手に入れた>

ブラジルに住む23歳のJucilene Marinhoの膣管は、淡水魚ティラピアの皮でできている。

彼女は、ロキタンスキー症候群(MRKH)患者だ。先天的な原因により、女性生殖器の一部もしくは全体が欠損する腟欠損症の一種で、約5000人に1人の割合(メトロ紙)で発症するといわれる。

そんな彼女は昨年、革新的な手術を受けた。ブラジル北東部で行われた「新・膣形成術」は、膣と肛門の間に作られたスペースに、淡水魚の皮で覆われたチューブの管を挿入する。試験段階の術式だったが、Marinhoは希望を抱いて手術に踏み切った。英ザ ・サン紙やミラー紙など複数メディアが報じた。

こうして「新しい膣」は出来上がった
手術を執刀したアシス・シャトーブリアン・マタニティ・スクール (MEAC)の婦人科医、レオナルド・ベゼラによると、3年前からティラピアの皮を火傷の治療に使っていたという。

通常は廃棄物になるティラピアの皮だが、水分量が多く、回復を促すコラーゲンタイプ Ⅰとプロテインを豊富に含む研究結果がある。加えて、病気への抵抗力があり、人間の皮膚と同じように丈夫で、張りがある。そこからヒントを得て、応用することに決めた。

「新しい膣」の仕組みはこうだ。膀胱と直腸の間にスペースを作り、そこに、ティラピアの皮で覆った膣の形状のアクリル型を挿入する。壁が閉じないようアクリル型は10日間放置されるが、その間にティラピアの皮は細胞組織に吸収・転換され、患者の組織細胞に向かって、幹細胞のように細胞と成長因子を放出。本物の膣と同じような膣壁を形成する。ティラピアの皮の行方はと言うと、生体適合性を有しているから完全に身体に吸収されるそうだ。

ティラピアの皮は手術前に殺菌処理が施され、鱗と魚の生臭い匂いを除去。これをもとに作られた淡色のジェル状の被覆材は、冷凍保存で無菌状態のまま最長2年は保存可能という。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2018/06/post-10323.php



2 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [US] 2018/06/18(月) 02:14:05.87 ID:bVgPnYwn0


この技術でオ●ホ作ったらええんやな


3 :名無しさん@涙目です。(香川県) [ニダ] 2018/06/18(月) 02:14:10.18 ID:6eU4v0JI0


サメの皮だったらやばかったな


67 :名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/06/18(月) 05:05:56.36 ID:ZHBFBM+i0


>>3
やめろチ●コキュッ ってなったわ



163 :名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/06/18(月) 11:38:29.45 ID:CLIqkzfE0


>>3
もみじおろしってかw


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
医療 ニュース コーヒー ドライアイ カフェイン


1 :おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2012/04/23(月) 20:51:45.56 ID:???0


仕事に疲れたらホッと一息、コービーブレイクでリラックスすると気分転換になる。一杯のコーヒーは、休憩後の仕事への活力にもなるが、実はドライアイの改善にも役立つことがわかった。

東京大学医学部の有田玲子氏らの研究グループが2月14日、Ophthalmology誌電子版に発表した研究報告によると、カフェインの摂取が涙液の生産力を高めるという。

有田氏は、カフェインには唾液や消化液などの分泌を増加させる働きがあるため、
涙腺を刺激し涙液も増やす効果があるのではないかと推察した。

そこで、78人を2つのグループに分けてカフェイン摂取の実験を行った。一方のグループにはカフェインの錠剤を、もう一方にはニセの錠剤を与えて摂取してもらった。後日、カフェインと偽薬を入れ替えて、同じように実験を行った。

その結果すべての被験者に、カフェインを摂取した後の涙の生産量の増加が確認された。
錠剤摂取後に涙液量を測定したところ、涙液メニスカス(角膜とまぶたの間にたまった涙の高さ)が平均で0.08ミリ高くなるという結果が得られたのだ。

カフェインに対する刺激反応は人によって異なる。このため、被験者のDNAサンプルから、カフェイン代謝に大きな関わりを持つ遺伝子の変異(ADORA2AとCYP1A2)の有無も調べた。すると、カフェイン代謝に影響する特定の遺伝子変異をもつ人々には、特に効果が大きく現れることが判明した。

ソース
http://www.daily-eye-news.net/news_aaoDWoOpRS.html




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
医療 ニュース 脱毛症治療 発毛


1 :一般人φ ★ 2012/04/19(木) 00:04:29.38 ID:???


 マウスの毛の周辺から取り出した2種類の幹細胞を移植することで、生まれつき毛のないマウスに毛を生えさせることに東京理科大学などが初めて成功した。

 移植した体毛、ひげの幹細胞はそれぞれ体毛、ひげとして定着した。自らの細胞を用いる脱毛症治療に道を開くもので、科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に18日発表する。

 同大の辻孝教授、豊島公栄研究員らは、毛組織のもとになる「毛乳頭」と、皮膚になる「上皮性」の二つの幹細胞に着目。互いに成長に必要な物質をやりとりして、毛を作るとされる。

 チームは、毛のあるマウスの体毛やひげ周辺の組織から2種類の幹細胞を取り出し、足場となるコラーゲンの中で塊を作った。この塊を、毛のないマウスに皮下移植したところ、約1か月後に毛が生えた。約10か月間、
毛は何度も生えかわり、機能も通常の毛と変わらなかった。

▽画像 首後方に幹細胞の塊を移植し、体毛が生えたマウス(辻孝教授提供)
http://blog-imgs-35.fc2.com/s/a/k/sakusakumirai/hatumou.jpg
※人によってはグロいかもしれないので一応閲覧注意(by管理人)

▽記事引用元 読売新聞(2012年4月18日00時04分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120417-OYT1T01265.htm

▽東京理科大学プレスリリース
http://www.tsuji-lab.com/topics/pdf/pressreleaseJP12_04_18.pdf

▽Nature Communications
「Fully functional hair follicle regeneration through the rearrangement of stem cells and their niches」
http://www.nature.com/ncomms/journal/v3/n4/full/ncomms1784.html





アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
【医療】 胃の中に風船入れて“肥満撃退” 筑波大付属病院 新療法開始


1 :かしわ餅φ ★ 2012/02/15(水) 09:42:19.19 ID:???0


胃の中に入れた風船を膨らませて胃の容積を少なくすることで、空腹感や食事量を抑え、肥満状態の改善に
つなげる−。筑波大学付属病院(つくば市)は重度の肥満者を対象に、こんな治療法を始めた。同病院によると、
国内の大学病院での導入は大分大、東大、横浜市立大に続き四番目で、県内の医療機関では初めて。 (松尾博史)

 同病院消化器内科の正田純一教授、光学医療診療部の溝上裕士教授によると、治療法は胃カメラを使って
胃の中にシリコン製の風船を入れ、管で風船の中に五百ミリリットル程度の水を流し込んで膨らませる。
風船は半年後に取り出す。

 国内外の同様の治療例では、平均で十キロ程度の体重減や糖尿病などの改善が確認されている。
風船の挿入自体は十五分ほどで、比較的簡単な作業で済み、手術に比べて体への負担が少ない。

 治療の対象は食事療法などでは改善が見られず、体格指数(BMI)が三十五以上(身長一六〇センチの場合、
体重九〇キロ以上)の肥満者。保険適用外のため、費用は三十万円前後で数日の入院が必要。

 正田、溝上両教授は「医師の診察を受けながら、半年ほど生活習慣の改善に努めても効果がなかった人は
相談してほしい」と話している。問い合わせは同病院=

東京新聞:胃の中に風船→食事制限 筑波大付属病院 新療法で肥満撃退:茨城(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120215/CK2012021502000072.html




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
最新コメント
<>+-
最新記事
記事検索フォーム
タグクラウド

はてな人気記事
逆アクセスランキング
オススメ記事

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ