うー速
ホーム   »  人事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

オススメサイト最新記事一覧


お勧めヘッドライン




仕事 人事 採用 就職 新卒 ブラック 会社 企業


1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2012/03/11(日) 16:57:56.92 ID:???


就活で辛いのは学生ばかりではない。人事の採用担当者も学生の確保など気遣うことが
多く、疲労は心身ともにピークに達する。作家・人材コンサルタントの常見陽平氏が
就活の裏側「採用担当者地獄絵巻」を紹介する。

*  *  *

3月です。学生たちに聞くと、エントリーシートの締め切りや、面接が連続して起こって
いるようです。Twitterなどでも「また、“祈られ”た。くそ!」という、つぶやきを
見かけることが増えてきました。

ちなみに、祈られるとは、「落ちる」という意味です。不合格通知のメールに「今後の
健闘をお祈りします」などと書かれていることから、いつの間にか就活スラングとして
定着しました。

祈られる度に「就活のバカヤロー!」と叫びたくなり、採用担当者を呪ってやりたくなる
人もいることでしょう。でも、ちょっと待ってください。就活ですが、学生だけでなく、
採用担当者も大変なのです・・・。

株式会社ジョブウェブとレジェンダ・コーポレーション株式会社が共同で行った『2013年
新卒 採用担当者意識調査(12月度)』によると、66.0%の企業が前年よりも苦戦すると
予想。

前年と比較すると21.0ポイント増加していました。倫理憲章の見直しにより、採用広報
期間が短くなったこと、これにより学生が自社に気づいてくれないのではないか、企業や
仕事を選ぶ視点が甘くなるのではないかなどが懸念されています。
 
就活中の関西学院大学総合政策学部の3回生によると「明らかに企業の人事からは焦りが
感じられますね」とのこと。「必ずウチに電話して欲しい」「明日の説明会には必ず来て
欲しい」などの、まさにラブコールがいっぱいだとか。

今の時期は、採用担当者は大忙しです。人事部は全社の残業や休日出勤を減らすことを
すすめるものですが、採用担当者は今、残業と休日出勤だらけです。ある大手企業の
若手採用担当者は私に対してこうボヤきました。

「全社の残業に対する締め付けがきつい中、上司から絶対に45時間以上つけるなって
言われているんです。実際80時間は残業しているのに…。ただでさえ、ブラック企業だと
疑われているのに。間違いなくブラック部署ですよ」

そんな採用担当者は社内でも嫌われものです。「会社説明会にご協力を!」「面接官に
なってください!」など、忙しい現場の社員にお願いすることも多い上、「採用した
社員がいまいちだったぞ、くそ!」と文句を言われるわけです。

人事部の中でもセクションで仕事はまるっきりわかれ、仕事上の接点も少ないのですが、
「人事」として見られるので「ボーナス安かったぞ、くそ!」「希望外の異動になった!」
ことを根に持っていることも。採用担当の責任ではないのですけどね。中には採用担当が
現場に異動する度に、いじめることが伝統芸になっている企業もありますよ。

また、採用担当者は学生から見られていて、ちょっとした粗相でネット炎上することも。
少しツッコミを入れたら、ネットで圧迫面接だ!って書かれたんです。そんなこと言われる
なら、何も質問できないでしょうが!」採用担当者は泣いています。(※続く)

http://www.news-postseven.com/archives/20120311_93573.html



アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
最新コメント
<>+-
最新記事
記事検索フォーム
タグクラウド

はてな人気記事
逆アクセスランキング
オススメ記事

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ