うー速
ホーム   »  サロネーゼ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

オススメサイト最新記事一覧


お勧めヘッドライン




1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2012/02/17(金) 10:59:18.62 ID:???


「サロネーゼ」という言葉をご存じだろうか。自宅の部屋などをサロンにして、趣味などの
教室を主宰する人のことである。そして3月6日は「サロネーゼの日」。世田谷を中心とする
エリアマーケティングのスペシャリストで、サロネーゼに関する企画などを手がける有限会社
ハッピーキューブス代表のローズ麻生育子さんが、サロネーゼをより多くの人に知ってもらい
応援する日にと制定。まだまだ多くの人が知らないサロネーゼについて、またサロネーゼの日に
開催されるイベントについて、麻生さんにお話を伺った。

──まず「サロネーゼ」とは何か教えて下さい。

サロネーゼは造語です。ご自宅の1室をサロンのようにして、お花やお料理を教えている先生を
サロネーゼと言っています。フラワーデザイナーなど一般的な肩書を名乗る方もいらっしゃれば、
「トータルライフデザイナー」などご自身で肩書を作られている方など様々です。

6~7年前に光文社の『VERY』という雑誌の当時の編集長が、言葉遊びが好きな方で「シロガ
ネーゼ」という言葉を作ったように、サロンスタイルで何かを教える女性を「サロネーゼ」と
命名したと聞いています。昔からマナーの先生、お花の先生など自宅で教える女性はいらっしゃい
ましたが、それをくくる言葉がなかったんですね。

起業家の方々の場合は”当てる”ことを狙って事業を始めるわけですが、サロネーゼは根本的に
違います。好きなことが軸にあって、そこがぶれていないことが強みです。「主婦Aさん」
「誰々ちゃんのママ」ではなく、アイデンティティを持った女性だと言えます。

サロネーゼという言葉でイメージするのはクラシカルなヨーロピアンスタイルのサロンかも
しれませんが、シンプルモダンなライフスタイルの方も多いです。

たとえば30代前半のサロネーゼで、安さだけでなく安全なものを求めて天然酵母のパンの先生に
なったりする方もいらっしゃいます。それは自分で選び取る力があるからなんですね。ユニクロも
着るしスターバックスのコーヒーも飲むけど、自分で選んで高級なレストランにも行くという、
目利きさんが多いのではないかと思います。

彼女たちが発信するものは、すごく価値があるんですね。人気サロネーゼはアメブロで情報発信を
している方が多く、そこから情報を得て、飛行機や新幹線に乗って全国から通ってくる生徒さんも
いらっしゃいます。

サロネーゼは、日本古来の華道/茶道といった◯◯道に通じるものがあり、道を極めるために
フランスのコルドンブルーにお料理留学したり、オランダのフローリスト専門学校に留学したり
するサロネーゼもいます。コルドンブルーなどで学ぶ人は、料理人や花屋さんであり、サロネーゼ
のような方々は通常はいません。私は、このサロネーゼ文化というものが、「オタク文化」の
ように日本特有のユニークな女性のライフスタイルだと思っています。

※長文記事のため、以下割愛

●ハッピーキューブス代表のローズ麻生育子さん
【トレンド】女性の新しい生き方のひとつ『サロネーゼ』--自宅の部屋などをサロンにして、趣味などの教室を主宰する人たち [02/17]

◎ハッピーキューブス--サロネーゼカフェ
http://www.salonezecaffe.com/

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0217&f=business_0217_054.shtml




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
最新コメント
<>+-
最新記事
記事検索フォーム
タグクラウド

はてな人気記事
逆アクセスランキング
オススメ記事

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ