うー速
ホーム   »  インターネット
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

オススメサイト最新記事一覧


お勧めヘッドライン




女性 出会い 恋愛 インターネット


1 : キジ白(秋田県) 2012/07/12(木) 20:33:25.97 ID:iZ64mUcG0 BE:423258252-PLT(12307) ポイント特典


カンロは12日、「ピュレグミは、恋の味。」キャンペーンの一環として実施した、「出会い」に関する調査結果を発表した。調査期間は6月29日~7月2日で、全国の20~30代の女性208サンプルから有効回答を得た。

 まず独身女性116名に、「新しい“出会い”を求めているかどうか」を尋ねたところ、「求めている」25.0%、「やや求めている」16.4%、「自然な出会いに期待している」36.2%となり、計77.6%が出会いを求めていることがあきらかとなった。多数派が「自然な出会いに期待している」という点では、出会いを望みつつも、奥手な意識も垣間見える。

 そこで実際に出会いがあったかどうか、「ここ1年以内に、恋に発展するような新しい出会いがありましたか?」と質問したところ、「あった」は23.3%。残り約8割は1年以上「出会い」がなく、全体の半数近い48.3%は、「3年以上ない」と回答するなど、ややさびしい結果となっている。

http://www.rbbtoday.com/article/2012/07/12/91706.html


3 : オリエンタル(長野県) 2012/07/12(木) 20:34:12.79 ID:J2+dKDs00


おまいらは保守的だから




4 : ロシアンブルー(神奈川県) 2012/07/12(木) 20:35:02.85 ID:PER2yyfA0


SNSでも直結厨を叩く側に回ってるので出会う訳があらず




6 : ベンガルヤマネコ(WiMAX) 2012/07/12(木) 20:36:11.59 ID:KHocBj/+0


ネットは恐いって聞きますし



アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
テレビ インターネット 社会 ニュース


1 : ボルネオウンピョウ(徳島県) 2012/06/12(火) 16:16:35.74 ID:MRociEk30 BE:980191872-PLT(15099) ポイント特典



インターネットと融合させた次世代テレビのシンポジウムが、12日、都内で開かれ、政府は、ネットを利用していて も災害時には緊急放送を優先する機能などを盛り込んだ日本の技術を国際標準にすることを目指す基本戦略を発表しま した。

このシンポジウムは総務省などが開き、国内外の放送局やIT企業の関係者などおよそ300人が参加しました。 テレビにパソコンの機能を持たせ、インターネットと融合させる次世代テレビの開発で、政府は日本の技術の国際標準 化を目指しています。 12日のシンポジウムでは、総務省の森田政務官が、その基本戦略を明らかにしました。 それによりますと、ネットを利用していても災害時には緊急放送を優先して表示する機能や、放送番組をスマートフォンなどに転送して続きを見ることができる機能を盛り込むことなどを柱にしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120612/k10015768061000.html





2 : ベンガル(東京都) 2012/06/12(火) 16:17:17.08 ID:R8/aMajQ0


こいつらのやること全ては無駄だから




3 : サイベリアン(やわらか銀行) 2012/06/12(火) 16:17:20.01 ID:EtYgJJ1i0


NHKが必死になるぞこれは



アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
テレビ 社会 フジテレビ ニュース 口コミ インターネット


1 : ベテルギウス(埼玉県) 2012/05/02(水) 23:14:40.40 ID:UWMsV9YzP BE:4027032386-PLT(12000) ポイント特典



俳優オダギリジョー(36)主演のフジテレビ「家族のうた」(日曜後9・00)の第3話の視聴率が3・4%(4月29日放送、ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。

他の民放関係者は、昨年秋の日本テレビ「家政婦のミタ」が最高視聴率40%を記録したこととの関連性を指摘した。

「今の時代はネットなどで口コミが広がりやすく“面白い”となればミタのような怪物的数字を出すが“つまらない”となると信じられないような低い数字が出ることが分かった。本当に恐ろしい時代になった」と“
“逆ミタ現象”が決して他人事ではないことを警戒していた。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/02/kiji/K20120502003165600.html?feature=related





2 : 冥王星(大阪府) 2012/05/02(水) 23:15:15.57 ID:fd+z9l7Z0


いい結果は自分たちのおかげ
悪い結果はネットのせい



アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
話題 社会 ニュース 出会い インターネット 男女 結婚


1 :ゴッドファッカーφ ★ 2012/04/13(金) 20:49:28.23 ID:???0


 ネットが日常に浸透した現在、SNSやソーシャルゲームなどで人と知り合うことも増えてきましたよね。
 趣味の合う仲間やさまざまな異性との「ネットでの出会い」について、働く女子はどう考えているのでしょうか?

●第1位/「気をつければ、アリだと思う」……20.6%
○第2位/「少し抵抗がある」……16.1%
●第3位/「自分は考えられない」……14.5%
○第3位/「危ないと思う」……14.5%
●第5位/「考えたことがなかった」……7.7%
○第5位/「ありえない」……7.7%
●第7位/「すでによい出会いをたくさんしている」……5.8%
○第7位/「少し興味がある」……5.8%
●第9位/「活用しないともったいない」……5.5%
○第10位/「積極的にしていきたい」……0.6%
※第11位以下は略。

 第1位は20.6%で「気をつければ、アリだと思う」でした。「趣味の合う友だちを見つけやすい」といった理由のほかに、なんと「まわりでも実際にネットからの出会いで結婚したカップルがいる」との声が多数!
 なかには「婚約中の彼がそう」という人も。
 しかし第2位は16.1%で「少し抵抗がある」、第3位にも「自分は考えられない」「危ないと思う」など否定的な意見も多く寄せられました。
 「顔が見えないと不安」「なんとなく怖い」「ニュースで事件があることを知って」と、ネットでの出会いに対してマイナスイメージを持つ人もまだまだいるみたいです。
 初対面で相手の人となりがすべてわからないのは現実でも同じ。ただ、現実世界の人間関係とちがって、ネットでの出会いは顔が見えないという点でリスクがあるのかもしれません。ネットはあくまでツールであり、結局は人と人の問題なんですね。

※『escala cafe』にて2012年3月にWebアンケート。有効回答数311件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。

▼モデルプレス [2012-04-12 11:25:32]
http://mdpr.jp/021177521



アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
社会 ニュース Facebook フェイスブック インターネット ストレス リア充


1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2012/04/06(金) 10:00:27.46 ID:???


ジャストシステムは4月5日、「Facebookの利用状況に関するアンケート調査」の結果を
発表した。
Facebookユーザーの約7割がストレスを経験したことがあるという。

Facebookを利用していて、何らかのストレスを感じたことがあるかという問いに対し、
「ある」「時々ある」「まれにある」と回答したのは68.4%で、約7割を占めた。
ストレスとして、友人や知人のFacebook上での振る舞いに対し、
「違和感を抱いたことがある」と回答したのが34.4%となっている。
その理由として、
「無理に作っているような感じ」
「ネットと現実での振る舞いが全く違う」
「自分を良く見せようとしている」
「キャラを作っている」
など、実際とは違う、理想の自分を演じている友人や知人に違和感を抱いたとの回答が
多かったという。

「上司・先輩などからの友達リクエスト」には、31.0%が「承認したくないが
承認せざるを得ない」と回答し、「絶対に承認しない」という回答も12.0%あった
という。

調査は3月29~30日にFastaskのモニタのうち、近畿地方に在住の男女15~59歳の
Facebook利用経験者を対象に行った。

ソースは
http://japan.cnet.com/news/society/35015914/
■ジャストシステム http://www.justsystems.com/jp/
 ↓個人情報を登録しないと読めないようです。
 Facebookの利用状況に関するアンケート結果を発表しました [2012.4.5]
 https://www.justsystems.com/jp/srv/fastask/survey/form/dl/md22.html?checks=reportfacebook%23catalog&e=fabadmd2



アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
社会 話題 インターネット ネット


1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2012/03/02(金) 13:27:30.31 ID:???


今日のように常時ネットワークに接続された世界で育った若者たちは、いずれ聡明で
明敏な意思決定者になる可能性が高い。ただし、じっくり良書を読み込むだけの集中力を
持たない、知性に欠けた人物にならずに済めばの話だ――。

これは米非営利調査機関Pew Research Centerが実施した調査結果によるもの。IT関係者や
批評家、学生など1021人を対象に行われたこの調査では、「ネットワークに常時接続されて
いる環境が10代の若者やジェネレーションYとも呼ばれる20代の人たちにどのような影響を
及ぼすか」について、回答者の意見が真っ二つに分かれた。

2月29日に発表された調査報告書によると、回答者の55%は「2020年には若者の脳は35歳
以上の世代とは違う形でネットワークと接続され、答えを素早く見つけ出せるといった
プラスの影響が認められる一方、思考プロセスには何ら問題は認められない」との予測に
同意している。

だが一方、回答者の42%は「2020年には若者は気が散りやすく、物事を熟慮する能力に欠け、
すぐに得られる満足感ばかりを求めるようになっている」との悲観的な予測に同意している。

「今後についてはプラスの予測とマイナスの予測の間に大きな開きがある」とこの調査報告書
の作成者の1人であり、米ノースカロライナ州エロン大学準教授のジャンナ・アンダーソン氏は
指摘している。

「多くの回答者は実体験に基づいて回答している。皆が実感していることのようだ」と同氏は
Reutersの取材に応じ、語っている。

アンダーソン氏によれば、1990年代初頭に行われた同様の調査では、オンラインテクノロジーと
著作権やプライバシー、既存ビジネスとの衝突が的確に予測されており、それを考えると今回の
調査結果も重要な意味を持つという。

■考える能力

2020年の若者に必要となる主要なスキルについては、回答者の予想は一致しており、例えば、
協力して問題を解決する能力、オンラインで効率的に情報を検索する能力、情報の質を見極める
能力などが挙げられている。

調査報告書には、「それにひきかえ、何かを読み、それについて何時間も熟慮する能力については、
全く重視されなくなるわけではないが、大半の人たちにとっては重要性が大きく低下することに
なるだろう」とのコメントが引用されているが、これはMicrosoftの主任研究員であり、今回の
調査の回答者の1人でもあるジョナサン・グルディン氏による指摘だ。

カナダのトロント大学の研究グループMcLuhan Program in Culture and Technologyに所属する
研究者のバリー・チュダコフ氏は、テクノロジーの影響やテクノロジーによる押し付けを常に
意識しておくことが大切になると指摘している。

「自分の考えなのか、ツールのせいでそう感じたり考えたりさせられているだけなのかを見極める
ことが重要だ」と同氏。

回答者の多くは、注意散漫な若者たちが常時接続環境にうまく適応し、集中力を身に付けられる
ようにするための教育改革に賛同している。例えば、インターネットから一時的に離れさせる、
瞑想や静寂の場を提供する、インターネット接続端末を持たずに外出させるといった方法を用いてだ。

※続く

◎ロイター http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1203/02/news015.html




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
最新コメント
<>+-
最新記事
記事検索フォーム
タグクラウド

はてな人気記事
逆アクセスランキング
オススメ記事

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ