うー速
ホーム   »  やらせ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

オススメサイト最新記事一覧


お勧めヘッドライン




社会 話題 ニュース マスコミ やらせ 捏造 ステマ ステルスマーケティング ラーメン


1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2012/03/22(木) 16:23:08.21 ID:???


ソースは
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/22/news010.html
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/22/news010_2.html
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/22/news010_3.html

[1/2]
「本業以外の雑務が増えてやりにくい。昔はこんな気を遣う必要なかったのに」――。
過日、20年来の付き合いとなるラーメン店の店主が筆者にこんな愚痴をこぼした。
本業とは、もちろん丹誠込めて作る自信作のラーメンのこと。
本業以外とは、頻繁に入る取材依頼やインターネット上の口コミ対策を指す。
頑固職人でもある店主の悩みを聞くうち、現代社会の歪んだ一面をみた。

■やらせライターの手口
冒頭に登場したラーメン店は、JR駅の近くにある小さな店だ。
戦後まもなく店を興した先代の跡を継ぐ形で、二代目が切り盛りしている。
本コラムの別稿でも記したが、筆者は他人から好みを押し付けられることも、また、自分の
嗜好を強要することも大嫌いなので、この店の名前や味の傾向にも触れない(関連記事)。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1201/19/news009.html
ただこの店の一番のウリは、長年の修業と自らの研究を重ねた味で、化学調味料や食品添加物を
使わない“昔ながらの味”であることを記しておく。

初代の味を進化させた現店主のもとには、先代からの客のほか、最近のチェーン店化した
有名店の味を嫌う客が徐々に増え始め、最近は行列ができることも珍しくない。
二代目によれば、こうした傾向が見え始めたときから“本業以外”の雑務が増え始めたのだという。
1つ目は、ラーメンに関する著述を専門にするライターや媒体の取材依頼が増えたこと。
店を大きくすることに興味のない二代目は、ことごとく取材を断わってきたが、「それでも
しつこく依頼が入る」と嘆く。

しつこく、というところにご注目されたし。
こうした取材陣の中には、「週刊誌や専門媒体向けに確実に掲載させるので、取材料金を払え」
とズケズケと口にする輩が存外に多いのだとか。その料金は、5万円から中には10万円程度を
提示されることがあるという。もちろん、ラーメン以外の料理にも、この種の
“いわくつきライター”が多数存在する。やらせライターと言い換えることもできる。


グルメ志向の高まりとともに、週刊誌やその他媒体がこだわりの店や行列のできる店を特集する
ニーズが上昇傾向をたどっていることも、こうした輩を助長させている側面もある。
「以前なら、怒鳴ってお引き取り願えれば良かったのだが」とは先の二代目店主。
しかし最近はこうしたやり方が思わぬ副作用となっているというのだ。

-続きます-



アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
【ステマ】 「タレントがブログで一斉に商品紹介したらステマ」 250万円もらえる芸能人も…ステマ炎上にアメブロなど業界が危機感★3


1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 2012/02/08(水) 02:48:15.60 ID:???0


・「食べログ」から火がついたステルスマーケティング問題。ステマと疑われての炎上を恐れ、
 ネット上でのマーケティング中止を検討する広告主が出てきている中、ステマ排除が広告業界の
 急務に。「Ameba」でタレントブログを運営、ブログマーケティングを手がけてきたサイバーエージェントは
 紹介する商品が提供されたものであると記事中に書く「関係性の明示」徹底を決定した。

 「高いタレントのブログだと250万円ぐらいですね」。2年前、広告代理店でタレントブログに
 商品を掲載させる仕事に携わっていた男性から、生々しい金額が飛び出す。
 「PVによってタレントが4つくらいのランクに分けられていました。最高で250万円、安いと
 50万円ぐらいだったと思います。『このタレントはファッションに強い』、『携帯からよく
 見られている』など細かい情報が載っている分厚い資料があり、クライアントに見せて
 営業していました」

 男性はタレントブログ運営会社を通じて、口コミ広告を手がけていた。案件がまとまった
 場合、「この商品はブログ運営会社から頂きました」といった文章が記事に掲載されていたが、
 「ネットに詳しくない一般の人がそれを読んで『広告』だと分かるかはグレー。ステマと
 指摘されても不思議ではない」と苦笑する。
 「ある商品が同時期、何も注釈なしに複数のタレントブログで掲載されていたら、ステマの
 可能性が非常に高いです」

 こうしたステマ問題をユーザーから度々指摘されてきたのが、現在、約1万900人のタレントが
 公式ブログを持つ「Ameba」だ。運営会社のサイバーエージェントでは独自にガイドラインを設け
 「関係性の明示」をクライアントやタレント事務所に推奨してきた。
 しかし、2010年に「ペニーオークション」の体験談を複数タレントが掲載、ネットで炎上した。
 サイバーエージェント広報担当者は、「タレント事務所に直接依頼されていたと思われ
 こちらでは関与していませんでした。このように明らかに分かるものについては記事を削除
 していますが、細かいものは把握しきれないのが実態」と明かす。(>>2-10につづく)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1202/06/news056.html

※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1328525892/



アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
【ステマ】 食べログの「ステマ」判定サイト登場…開設1日で60万PV、「最後は消費者の目」


1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 2012/01/19(木) 15:37:52.36 ID:???0


・口コミサイトに「やらせ」のレビューを書き込んだりする「ステルスマーケティング」(ステマ)が
 問題化するなか、これを見破ることをうたったサイトに注目が集まっている。

 サイトの名前は「ステログ」。「食べログ」の店舗情報のURLを「ステログ」に入力すると
 「ヤラセ無し」「ヤラセかな?」「ガチヤラセ」といった具合に「ヤラセ投稿」が行われている
 可能性を判定する仕組みだ。

 食べログのレビューは5点満点。「ステログ」では、過去にレビューを投稿した数が少ない人が、
 5~4点といった高評価を付けるケースを不自然だとみており、このような人による投稿の割合が
 60%を超えた店について、「やらせ」の可能性があると判定している。例えば、同社の村上福之代表の
 ツイッターによると「8割方の投稿者が初投稿で5ばっかりついている店」は、「やらせ」の可能性が
 きわめて高いとみなされる。ただし、サイトには「ステルスマーケティングに高額なお金を払うところは、
 レビューの多いユーザを持っているため、判断できません。しかし、高品質なステマにお金を払う
 お店は、そこまでマズくないと思います」との但し書きもある。

 サイトの分析結果からは大まかな傾向はつかむことができるものの、どの程度確実に
 「やらせ」を見つけられるかは不明で、口コミと同様に「最終的には消費者の目で判断する」
 という鉄則は変わらない。

 サイトは、「おこられたら、やめます」(村上代表)と、おそるおそるスタート。「不安定な情報に
 惑わされる不穏な人々をどうにかしたいから」という狙いで開設されたが、ネット上で急に
 注目が集まり、開設後30分で3万ページビューを記録。現時点では、約60万ページビューに
 達しているという。

 サイトには、フェースブック経由でコメントが書けるようになっており、「信憑性がありすぎる」
 「次はアマゾンのレビューも対象にして欲しい」といった好意的な受け止めが多いようだ。
 サイト公開後も、投稿されたレビューの数が15件未満の店については「判断不可」と判定
 するようにしたり、「ガチヤラセ」の表記を「おや!!??」に修正するなど、マイナーチェンジが
 進んでいる。(抜粋)
 http://www.j-cast.com/2012/01/18119244.html?p=all





11 :名無しさん@12周年 2012/01/19(木) 15:47:16.20 ID:NZTERS170


>>1
ステマ vs ステマ


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
【社会】口コミサイトのやらせ業者書き込みに消費者庁が関心を持ったようです


1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★ 2012/01/15(日) 09:38:11.48 ID:???0 BE:1234515694-PLT(12556)


口コミサイトで、業者が好意的な投稿を有料で請け負っている実態に、
消費者庁も関心を寄せている。今後、景品表示法(不当表示)に抵触しないか、
悪質なケースについては情報収集に乗り出す。

消費者庁は「やらせ業者により、消費者の選択がゆがめられたり、
不当に誘導されたりすることがあってはならない」としている。サイトを見ている人が
口コミサイトの評価を基に判断していることを踏まえ、
被害報告があった案件については情報収集する方針だ。

*+*+ 産経ニュース +*+*
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120115/crm12011509000008-n1.htm




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
最新コメント
<>+-
最新記事
記事検索フォーム
タグクラウド

はてな人気記事
逆アクセスランキング
オススメ記事

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ